髪の毛というのは、元々はたんぱく質からできていますよね?


たんぱく質の材料は、そう、アミノ酸です。

だから、大量のアミノ酸が含まれていて、なおかつ多くの種類存在する食品を食べること・・・


すっぽん小町ほどの量のアミノ酸と、アミノ酸の種類の豊富さであれば、そこにビタミンCが加わることですぐにでもたんぱく質やコラーゲンが生成されます。

髪の毛の材料になりやすい条件が、すっぽん小町には揃っているわけです。


薄毛に育毛剤をふりかけるよりも、実はよっぽど効果のほどは高いわけです。




たんぱく質といえばお肉ですね。


ベジタリアンの人って、髪が薄くひ弱な体型の人が多いですが、体を作る元となるたんぱく質を食べないためです。


だからといってお肉ばかり食べていると健康を害するわけで、大切なのはバランスなんですね。


どれか一つを突出して摂っても、他の成分がないと体の一部にならない・・・そんなものです。



たとえば肌にはコラーゲンが良いからといって、コラーゲンの多い豚足やら鶏皮だけを大量に摂ったとしても、体内でアミノ酸に分解された豚足や鶏皮が再びコラーゲンになるには、ビタミンCが不可欠です。


このように、いろんな成分が作用しあって体は構成されるわけですから、野菜しか食べないとか肉ばかり食べているとかだと、実際は食べた量だけ血や肉にはなっていないということです。


丈夫な体をつくり、丈夫な髪の毛をつくるためにはたんぱく質が必要です。

たんぱく質の原料はアミノ酸です。



アミノ酸が大量かつ他種類含まれているすっぽん小町が、市販の育毛剤などよりもよほど効果的なのは火を見るよりも明らかではないでしょうか?


⇒ TV・雑誌で話題の…

コラーゲンサプリ!送料無料でプレゼント付