すっぽん小町は、体内でコラーゲンに変わるアミノ酸を大量に摂ることができます。

ただ、いくらすっぽん小町でアミノ酸を大量に摂れるといっても、毎日体を動かすことで、体中のタンパク質はどんどん壊れ、その都度アミノ酸がタンパク質に変化して体を補強し続けています。

極端な話、腕を上下に動かしただけでも筋肉繊維の一部は壊れ、そのためにアミノ酸をタンパク質に組みなおして補修しているわけです。


ですから、すっぽん小町で摂れるアミノ酸はあくまでも食事で摂るアミノ酸の”補充”という形でいいと思います。


普段から、タンパク質をたくさん摂る事で、肌の補修に必要なアミノ酸が取れますが、できればタンパク質のなかでもコラーゲンが含まれていると、より気分的にも違いますよね。


コラーゲンはそのまま食べても、体内で一度アミノ酸に分解されるから意味がないですよ、といっているサイトもありますが、コラーゲンから変わったアミノ酸は、再びコラーゲンになる確率が高い、という研究結果もあるので、やっぱりコラーゲンたっぷりの食品を摂るほうが効率はいいと思いますよ。


でないと、コラーゲンの多い食品は、昔から肌がツルツルになるとか、滋養強壮に良いとか言われている意味がわからなくなりますからね。


科学的に云々よりも、やはり言われ続けている実感のほうが大切だ、と思います。