コラーゲン 1日 必要量


「コラーゲンが体内から減る!?うーん、そんな事、考えた事ない。」

そんな人、多くないですか?


生きている限り、コラーゲンも体内から毎日減っているんですよ。
だからこそ、毎日補充をしなければダメなんです。

老いも若きも。


コラーゲンは1日に2g〜3gは減り続けている



ご存知のように、コラーゲンは肌や髪の毛を健康に保つために必要なたんぱく質。

でも、1日に2g〜3gほどは何もしなくても減り続けているんです。

当然、意識せずにいると肌や髪の毛はどんどん不健康になっていって、やがてボロボロの肌、薄毛などに悩む事に。

無理にダイエットなんかしたら、後々大変な事になるということです。

無理なダイエット 結末


コラーゲン、1日に必要な量は?



毎日2〜3g減り続けるコラーゲンだからこそ、毎日補充していかなければいけませんよね?

どのくらい補充すればいいかというと、少し多めに10gくらいは補充するべきだそうです。

人が1日に”吸収”できるコラーゲンの量は、およそ15gが最大限度らしいので、それ以上摂取しても体外に排出されちゃうんです。

10g摂るといっても、体内のコラーゲン量が足りていればその多くは吸収されずに体外に排出されちゃいますが、それでも余裕をもって10gを目標に摂取することにしましょう。


日本人女性はコラーゲンの摂取量が足りていない



20代〜60代の日本人女性の、平均的なコラーゲン摂取量は、1日に約1.9g。

失われる2g〜3gのコラーゲンを補充するだけの量が摂取できていないらしいです。

コラーゲンの多い食材を意識して食べる事が必要ですが、実はコラーゲンの多い食材はカロリーも高めのものが多く、それだと肥満の心配が出てきますよね?


足りない分はサプリメントで補えばいいでしょう。

サプリなら、狙った栄養素だけを最小限のカロリー摂取だけで補充することができるので、栄養が偏っている現代の食事には、上手に利用する価値があると思います。

とはいえ、サプリばかりに頼るのは本末転倒。

食事を良く噛んで食べる事は、栄養補給以外にも多くの健康維持の効果があるので、あくまでも食事が中心ですよ。


→ コラーゲンの1日の必要量ってどのくらい?